新着情報詳細

速読術でテストを有利に運ぶ

速読術と文字にすると、まるで特殊能力が備わったかのように思えますが、速読は練習をすれば習得することが可能です。

速読術を練習すると、読書速度や問題文を読む速度がアップするので、テストの問題文を早く読むことができます。さらに、速読によってテスト時間内の時間配分を有効に使うことができ、余った残り時間を解答の再確認に使うなど、テストを有利に運ぶことができます。

受験日当日は、皆同じ条件で試験が始まります。ゆっくりと文章を噛み締めて読むことも必要ですが、理解できるのであれば、速く読んで時間を有効に使いたいところです。子供の頃に速読術によって得られた能力は、一生役に立つのではないでしょうか?早く読むことは、情報処理の能力にも関わってきます。

速読術にはさまざまな方法が確立されていますが、読むことに集中することで、集中力や動体視力がアップすることも期待できるでしょう。中学受験、高校受験、大学受験、資格試験と、試験での活用だけでなく、社会人になった際のビジネススキルとしても、早く読む力は大切になってきます。

尼崎本校では速読術を取り入れた学習も行っておりますので、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください